楽しい社会科授業づくり入門

有田和正 著

社会科を活性化し、授業に熱気をもたせるには、社会科を好きにすることが第一である。好きな子どもが増えれば、授業も自然に活性化し、子どもも熱中するようになり、力もつく。社会科を好きにするには、面白い教材で、学習の面白さ、楽しさを体験させることである。このためには、「材料七分に腕三分」といわれるように、よい教材(ネタ)を開発し、それを子どもの実態に合うようにかみくだき、再構成し、提示することである。しかし、子どもが面白いと感じる教材を開発することは、容易ではない。が、わたしなりにこれまで開発してきた教材や、その方法などをまとめて述べてみた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 社会科でこんな子どもを育てたい
  • 2章 社会科を好きにするポイント
  • 3章 社会科授業を活性化するには
  • 4章 社会科を活性化する教材研究の方法
  • 5章 学習活動を活性化するポイント
  • 6章 社会科研究のポイント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楽しい社会科授業づくり入門
著作者等 有田 和正
書名ヨミ タノシイ シャカイカ ジュギョウズクリ ニュウモン
シリーズ名 名著復刻
出版元 明治図書
刊行年月 2016.10
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-18-157324-9
NCID BB22335692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22805782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想