連邦制の逆説?

松尾秀哉, 近藤康史, 溝口修平, 柳原克行 編

連邦制は対立と分離をもたらす統治制度なのか。あるいは対立を解消し、統合をもたらすものなのか。統合と分離という二つのベクトルに注目しながら、現代におけるその意義を問う。過去から近年の連邦制国家や地方分権化を進めた国家の政治動向について比較研究を行い、それらがいかなる「連邦制の効果」を有していたのかについて検討した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 連邦制は効果的な統治制度か
  • 第1部 理論編(連邦制と民主主義-「連邦制の効果」についての比較研究に向けて
  • 連邦制と民族紛争の計量分析-研究の進展と課題・展望
  • 連邦共和国の形成-連邦主義とアメリカ革命
  • EUと連邦主義-フェデラル・ヨーロッパの行方)
  • 第2部 事例編(ベルギーにおける多極共存型連邦制の効果-2014年の連立交渉を中心に
  • スペインにおける自治州国家制の導入とその効果
  • イギリスにおける連邦的解決をめぐる政治とスコットランド-安定か不均衡な連合の継続か
  • 中央集権的な連邦制下の分権的政党-オーストリアにおける連邦制と州政治の変容
  • 連邦国家か国家連合か-「複雑な生き物」オーストリア=ハンガリー
  • ロシアにおける連邦制の変容とその効果
  • ボスニア・ヘルツェゴヴィナにおける民族対立と連邦制-固定化された対立と国際社会の対応
  • マレーシアにおける一党優位体制とハイブリッドな連邦制
  • インドネシアの連邦制なき「世界一の地方分権化」
  • 途上国での分権改革は難しいのか?-フィリピンの事例からの考察
  • カナダ連邦制と憲法秩序の再編-ケベック・ナショナリズムに与える効果
  • アメリカにおける連邦制の成立と発展-20世紀後半の都市コミュニティと福祉政策をめぐるその効果)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 連邦制の逆説?
著作者等 松尾 秀哉
柳原 克行
溝口 修平
近藤 康史
書名ヨミ レンポウセイ ノ ギャクセツ : コウカテキ ナ トウチ セイド カ
書名別名 Is Federalism an Effective System of Governance?

Is Federalism an Effective System of Governance? : 効果的な統治制度か
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2016.10
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-1105-9
NCID BB22300155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22809872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想