ナチス統制経済読本 : 新体制版

小島精一 著

[目次]

  • 目次
  • 第一篇 第二次歐洲大戰とナチス經濟政策の發展 / 1
  • 第一章 經濟封鎖と國防重要物資の確保 / 3
  • 第一節 戰時經濟の「社會的」發展 / 3
  • 第二節 原料統制の徹底化 / 6
  • 第三節 鐵鋼及炭坑業の動向 / 8
  • 第四節 英佛對獨の重工業生產力對比 / 10
  • 第五節 經濟封鎖とドイツの經濟 / 13
  • 第六節 北歐進擊以後の狀勢 / 20
  • 第二章 ナチス的戰時經濟體制 / 24
  • 第一節 ナチス戰時經濟體制の優越性 / 24
  • 第二節 戰時經濟總參謀本部の出現 / 27
  • 第三節 完璧を誇る民間經濟機構 / 28
  • 第四節 戰時經濟行政機構の新設-地區經濟廳の役割 / 30
  • 第五節 官廳と民間經濟團體との協働 / 32
  • 第六節 全體主義的合理化の强行 / 39
  • 第七節 規格統一と協働作業化 / 42
  • 第八節 自動車及航空機工業に於ける擴充策 / 45
  • 第三章 戰時經濟政策の發展 / 50
  • 第一節 萬全のインフレ對策 / 50
  • 第二節 「戰時經濟令」による大增税の斷行 / 52
  • 第三節 尨大な產業建設の發展 / 55
  • 第四節 物價及賃銀對策 / 57
  • 第五節 切符配給制度の役割 / 61
  • 第六節 企業利潤の統制 / 64
  • 第四章 獨逸廣域經濟圈の建設 / 70
  • 第一節 歐洲新經濟秩序の宣言 / 70
  • 第二節 獨逸廣域經濟と世界經濟の動向 / 72
  • 第三節 獨逸通貨政策と金の前途 / 75
  • 第四節 結び / 78
  • 第二篇 ナチス經濟の指導原理とその實踐的進路の槪觀 / 81
  • 第一章 ナチス經濟の指導原理 / 83
  • 第一節 有能指導者尊重の理論 / 83
  • 第二節 全體主義・公益優先の理論 / 85
  • 第三節 企業家自治の國策經濟 / 87
  • 第四節 勞資協力的精神 / 91
  • 第五節 同業組合の體系化とその自治統制 / 92
  • 第六節 カルテルと經濟團體 / 97
  • 第二章 ナチス經濟統制の進路 / 100
  • 第一節 ナチス以前の經濟統制 / 100
  • 第二節 ナチス治下の經濟統制 / 102
  • 第三節 新四ケ年計畫時代 / 103
  • 第四節 輕卒なるナチス批判を排す / 105
  • 第三篇 統制の强化と經濟機構の再編成 / 109
  • 第一章 金融統制 / 111
  • 第一節 再軍備費はいかにして賄はれたか? / 111
  • 第二節 金融統制の發展 / 119
  • 第二章 貿易統制 / 128
  • 第一節 獨逸に於ける貿易統制の意義 / 128
  • 第二節 貿易統制の進展 / 130
  • 第三節 貿易統制の限界 / 135
  • 第四節 新計畫の効果と影響(その一) / 137
  • 第五節 新計畫の効果と影響(その二) / 145
  • 第六節 新計畫の効果と影響(その三) / 147
  • 第三章 產業統制 / 150
  • 第一節 ナチス產業統制の基調 / 150
  • 第二節 統制機構 / 154
  • 第三節 產業機構統制を巡る諸問題 / 172
  • 第四章 勞働統制 / 182
  • 第一節 ナチスの勞働政策 / 182
  • 第二節 國民勞働統制法 / 185
  • 第三節 勞働戰線 / 189
  • 第四節 ドイツ勞働者の經濟の地位 / 192
  • 第五章 農業統制 / 202
  • 第一節 農業統制の出發點 / 202
  • 第二節 國食糧團 / 203
  • 第三節 農產物市場統制 / 206
  • 第四節 農民救濟と生產鬪爭 / 210
  • 第四篇 第二次四ケ年計畫 / 215
  • 第一章 新四ケ年計畫の意義 / 217
  • 第二章 國內資源の開發と原料自給策 / 222
  • 第三章 勞働不足とその對策 / 239
  • 第四章 食糧不足と消費制限 / 245
  • 第五章 物價統制 / 252
  • 第六章 資金調達の問題 / 267
  • 第七章 戰時編成下の經濟發展 / 274
  • 第八章 結び-なにをわれわれはナチス統制經濟より學ぶべきか? / 281
  • 第一節 戰局の發展性と經濟統制の强化 / 281
  • 第二節 ブロツク的建設計畫の新段階 / 283
  • 第三節 國策經濟時代の到來 / 285
  • 第四節 雄大な更生精神で動員されてゐるナチス / 289
  • 第五節 自己陶醉を戒む! / 290
  • 第六節 國運存亡の岐路に立つ覺悟 / 292
  • 第七節 日本獨特の經濟統制工作を確立せよ! / 294
  • 第八節 統制恐怖症を一掃せよ / 297
  • 第九節 政府のよるべき緊急工作 / 299

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ナチス統制経済読本 : 新体制版
著作者等 小島 精一
書名ヨミ ナチス トウセイ ケイザイ ドクホン : シンタイセイバン
書名別名 Nachisu tosei keizai dokuhon
出版元 千倉書房
刊行年月 昭15
ページ数 300p
大きさ 22cm
全国書誌番号
46067673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想