〈業〉とは何か

平岡聡 著

「自業自得」「業が深い」「非業の死」…すでに日常になじみ深い"業"という言葉は、仏教思想に由来する。「自らが為した行為の結果は自らが引き受けなければならない」を基本の考えとする業の思想は自己責任的な性格の強いものであり、また、善をすすめ、悪を避けるように促す道徳思想としての一面を持つ。しかし、世の中では必ずしも善人が幸福に、悪人が不幸になるわけではない。では、業の思想はいかにして多くの人を納得させつつ、仏教の教えであり続けたのか。その歴史と論理をスリリングに読み解く!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書を読む前提
  • 第1章 インド宗教における業思想
  • 第2章 伝統仏教の業思想-総論
  • 第3章 伝統仏教の業思想-各論
  • 第4章 ブッダと業
  • 第5章 大乗仏教の業思想
  • 第6章 業思想と現代社会
  • 終章 仏教の業思想とは?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈業〉とは何か
著作者等 平岡 聡
書名ヨミ ゴウ トワ ナニカ : コウイ ト ドウトク ノ ブッキョウ シソウシ
書名別名 行為と道徳の仏教思想史

Go towa nanika
シリーズ名 筑摩選書 0137
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.10
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01645-4
NCID BB22257384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22817703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想