リスク・コミュニケーションの思想と技術

木下冨雄 著

日本のリスク・コミュニケーションの生みの親である著者が、「共考と信頼」をキーワードに過去数十年にわたる研究と実践の成果を公開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リスクとはなにか
  • 第2章 リスク・コミュニケーションとはなにか
  • 第3章 我が国におけるリスク・コミュニケーションの流れ
  • 第4章 リスク・コミュニケーション場面の構造とそれに関わる要因
  • 第5章 リスク・コミュニケーション実施上のポイント
  • 第6章 リスク・コミュニケーションの効果
  • 第7章 リスク・コミュニケーションにおけるマスコミと第三者組織の役割
  • 第8章 リスク・コミュニケーターの養成
  • 第9章 統合的リスク・コミュニケーションに向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスク・コミュニケーションの思想と技術
著作者等 木下 富雄
書名ヨミ リスク コミュニケーション ノ シソウ ト ギジュツ : キョウコウ ト シンライ ノ ギホウ
書名別名 共考と信頼の技法

Risuku komyunikeshon no shiso to gijutsu
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2016.9
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-1101-1
NCID BB22209665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22809840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想