古伊万里

九州国立博物館 編集

絢爛にして端正な美の精華。染付・色絵柿右衛門・金襴手輸出伊万里…佐賀・有田の地に生まれ、公家、武家から商家まで人々の暮らしに寄り添った国内初の磁器の変遷と伝播を辿る展覧会公式図録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 日本磁器の誕生
  • 第1章 公家の暮らしを彩った古伊万里
  • 第2章 武家好みの古伊万里
  • 第3章 古伊万里の広がりと豪商
  • 第4章 欧州の宮殿を飾った古伊万里

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古伊万里
著作者等 九州国立博物館
書名ヨミ コイマリ : アリタヤキ ソウギョウ ヨンヒャクネン キネン : キュウカ ノ クラシ オ イロドッタ ウツワ
書名別名 有田焼創業400年記念 : 旧家の暮らしを彩った器
出版元 九州国立博物館 : 忘羊社
刊行年月 2016.9
ページ数 111p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-907902-14-8
NCID BB22286112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22924061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想