研修医のための術後鎮痛ガイドブック

高崎眞弓, 齊藤洋司 著

現状でも、目の前の患者に最適な薬を選び、最適なルートで投与すれば、術後鎮痛に完璧ではないものの十分に満足できる結果を得ることができる。臨床の現場でトレーニングを積む研修医が、術後痛の管理を安全に確実に施工するために、これまでの研究を基に、現状でもっともよいと思われる手法と、その基礎知識を本書に示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 術後痛治療の必要性
  • 2 術後痛の生体への影響
  • 3 術後痛の基礎
  • 4 術後鎮痛法の選択
  • 5 鎮痛薬
  • 6 鎮痛補助薬
  • 7 使用器具
  • 8 手術部位と鎮痛法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 研修医のための術後鎮痛ガイドブック
著作者等 斉藤 洋司
高崎 眞弓
高崎 真弓
齊藤 洋司
書名ヨミ ケンシュウイ ノ タメノ ジュツゴ チンツウ ガイドブック
出版元 真興交易医書出版部
刊行年月 2001.5
ページ数 177p
大きさ 21cm
ISBN 4880036544
NCID BA52472130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想