東アジア和解への道

天児慧, 李鍾元 編

なぜ東アジア諸国は対立と不信と憎悪のスパイラルから抜け出せないのか。信頼と協力の枠組みはどうすれば構築できるのか。第一部では「歴史和解」問題をめぐり、ヨーロッパの戦後和解の事例を参照しながら、克服すべき課題や解決に向けての論点や筋道を明確化し、いかに過去と向きあうかを考える。第二部では東アジアの現在と未来に目を向けて、何が起こっているのか、共生に向けてどのような枠組みを構築すればいいのか、協調的安全保障のありかたを考える。そのさい、国家よりも人間の安全に焦点を合わせて、国家間対立を超えた「人間の安全保障」を地域共通のビジョンとする。日中韓の知識人たちによる共同討議の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日中韓の歴史和解を求めて(和解の先例-「ドイツ経験」「台湾経験」
  • 中国知識人の歴史認識と日中和解論
  • 韓国知識人が提起する歴史和解)
  • 第2部 日中韓の新たな協力・共存枠組みの創造に向けて(国際社会と安全保障
  • 環境問題における日中韓協力枠組みの創造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア和解への道
著作者等 天児 慧
李 鍾元
書名ヨミ ヒガシアジア ワカイ エノ ミチ : レキシ モンダイ カラ チイキ アンゼン ホショウ エ
書名別名 歴史問題から地域安全保障へ
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.9
ページ数 214,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024528-9
NCID BB22153152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22805826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想