スカルノ

後藤乾一, 山崎功 著

「国家のためなら悪魔にも魂を売ることを辞さない」革命家スカルノ。光と影を併せ持つ生涯から母国独立への波乱の道程を描き、戦中・戦後に関わった様々な日本人を浮彫りにする。現代インドネシアの背景理解に最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 青年スカルノ
  • スカルノとインドネシア民族主義
  • 日本軍政とスカルノ
  • 独立闘争期のスカルノ
  • 第三世界のリーダーとして
  • 闘争の終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スカルノ
著作者等 山崎 功
後藤 乾一
書名ヨミ スカルノ : インドネシア ケンコク ノ チチ ト ニホン
書名別名 インドネシア「建国の父」と日本
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 117
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.5
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 4642055177
NCID BA51680008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想