格差と再分配

トマ・ピケティ 著 ; 山本知子, 山田美明, 岩澤雅利, 相川千尋 訳

フランスの1901‐1998年までの約100年間における税務記録を徹底分析し、20世紀の同国における格差の長期的構造を浮き彫りにする。経済学者ピケティの出発点となり、『21世紀の資本』へと連なる記念碑的研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概論 高所得者に注目するのはなぜか?
  • 第1部 20世紀フランスにおける所得格差の推移(20世紀の間に5倍になった「平均」購買力
  • 20世紀フランスの高所得者の所得構成と所得水準の推移
  • 20世紀フランスにおける給与格差)
  • 第2部 20世紀フランスの高所得と再分配(1914年から1998年までの所得税法
  • 誰が何を払ったのか?)
  • 第3部 フランスとクズネッツ曲線(「不労所得生活者の終焉」は税務統計上の幻想なのか?
  • 諸外国の経験と比べてフランスをどのように位置づけるか?)
  • 結論 21世紀初頭のフランスにおける高所得者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格差と再分配
著作者等 Piketty, Thomas
山本 知子
山田 美明
岩澤 雅利
相川 千尋
若田部 昌澄
ピケティ トマ
書名ヨミ カクサ ト サイブンパイ : ニジッセイキ フランス ノ シホン
書名別名 LES HAUTS REVENUS EN FRANCE AU XXe SIÈCLE

20世紀フランスの資本

Kakusa to saibunpai
出版元 早川書房
刊行年月 2016.9
ページ数 1089p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-15-209621-0
NCID BB22128519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22798595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想