棋士という人生

大崎善生 編

吹けば飛ぶような駒に人生を賭けた者たち。日々盤面に向かう彼らは何を追い求めるのか。大山康晴、升田幸三、中原誠ら往年の大棋士たちの横顔、才能空しく脚光を浴びずに消えた悲運の棋士の肖像、孤独に戦い続ける若手棋士の苦悩…作家、記者、そして棋士自身が綴った文章の中から二十余の名品を精選。将棋指しという職業の哀歓、将棋という遊戯の深遠さを写し出すアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 守られている(大崎善生)
  • そうではあるけれど、上を向いて(中平邦彦)
  • 将棋が弱くなるクスリ(東公平)
  • 神童 天才 凡人(沢木耕太郎)
  • 京須先生の死(山田道美)
  • 忘れ得ぬひと、思い出のひと(芹澤博文)
  • 愛弟子・芹澤博文の死(高柳敏夫)
  • 詰パラとの出会い(若島正)
  • 九段(坂口安吾)
  • 棋士と寿命と大山さん(内藤國雄)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 棋士という人生
著作者等 中平 邦彦
二上 達也
先崎 学
内藤 国雄
団 鬼六
坂口 安吾
大崎 善生
天野 貴元
小林 宏
小林 秀雄
山田 道美
島 朗
村上 春樹
東 公平
森内 俊之
沢木 耕太郎
河口 俊彦
渡辺 明
炬口 勝弘
畠山 鎮
色川 武大
芹沢 博文
若島 正
高柳 敏夫
書名ヨミ キシ ト イウ ジンセイ : ケッサク ショウギ アンソロジー
書名別名 傑作将棋アンソロジー
シリーズ名 新潮文庫 お-67-4
出版元 新潮社
刊行年月 2016.10
ページ数 371p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-126574-2
NCID BB2214170X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22799259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想