近代日本とアジア

三谷博 監修 ; クロード・アモン, 廣瀬緑 編

19世紀中盤以降、西洋の影響を強く受けながら近代国家形成を目指していった日本。しかし、その展開においては、近隣諸国との歴史的・地域的関係性もまた、大きな条件として存在していた-複雑化する国際環境のなかで、「アジア」なるものの一角に位置した日本は、この地域をどのように捉え、なにを企図していったのか。仏・日・米・豪の研究者による多面的な考察から、戦前期の日本におけるアジア認識を探り、日本とアジアの歴史理解への基盤を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「アジア」概念の再発明-地理学から地政学へ
  • 2 初期アジア主義と中江兆民-日本の文明開化、ヨーロッパとアジアの創造
  • 3 アジア主義と国益-明治期の内田良平を例として
  • 4 移動-1884年の太平洋周辺における様々な出来事
  • 5 朝鮮と明治期日本のノスタルジア
  • 6 台湾から満州国へ、中国における大倉組の市場開拓
  • 7 岡倉天心の地政学的直観
  • 8 今泉雄作の図案法と岡倉天心の泰西美術史
  • 9 江藤新平における「人民の権利の保護」-その法政治思想的連関
  • 10 花柳病男子の結婚制限と法律婚にみる戸籍の法的役割-新婦人協会と穂積重遠を中心に
  • 11 ジャン・レイ-あるフランス人政治学者の見た日本の植民地主義と東アジア・太平洋戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本とアジア
著作者等 Babicz, Lionel
Berlinguez-Kôno, Noriko
Dufourmont, Eddy
Hamon, Claude
Konuma, Isabelle
Nanta, Arnaud
Tanaka, Stefan
三谷 博
廣瀬 緑
浅利 誠
Sastre Grégoire
アモン クロード
書名ヨミ キンダイ ニホン ト アジア : チセイガクテキ アプローチ カラ
書名別名 地政学的アプローチから

Kindai nihon to ajia
出版元 勉誠
刊行年月 2016.9
ページ数 212p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-22157-9
NCID BB22167485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22804337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想