近代日本哲学のなかの西田哲学

小坂国継 著

西田哲学の独創性はどこにあるのか。純粋経験、場所の論理、絶対矛盾的自己同一…「西洋化」に対峙した西田が生んだ思想の全貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の近代化と哲学
  • 第1章 自然の形而上学と心の形而上学
  • 第2章 実在としての無
  • 第3章 『善の研究』の現代的意義
  • 第4章 イデアと場所
  • 第5章 西田哲学と陽明学
  • 第6章 西田哲学と宗教哲学
  • 第7章 叡智的世界
  • 第8章 絶対矛盾的自己同一
  • 第9章 場所的論理と宗教的世界観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本哲学のなかの西田哲学
著作者等 小坂 国継
書名ヨミ キンダイ ニホン テツガク ノ ナカ ノ ニシダ テツガク : ヒカク シソウテキ コウサツ
書名別名 比較思想的考察

Kindai nihon tetsugaku no naka no nishida tetsugaku
シリーズ名 Minerva21世紀ライブラリー 92
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.9
ページ数 301,10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-07767-0
NCID BB22133880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22794648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想