分権時代の自治体文化政策 : ハコモノづくりから総合政策評価に向けて

中川幾郎 著

公共投資主導型「文化行政」からの転換。自治体の主体的・中心的な総合政策として「文化政策」を位置づけ、自立的な政策のあり方と、その政策体系を実質的に応用しうる基本モデルの構築を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自治体文化政策の基本視点(自治体文化行政の再点検
  • 「文化行政」の基本構造に関する考察
  • 公共文化政策をめぐる理念論的考察)
  • 第2章 自治体文化政策基本モデルと政策理念(自治体文化政策の理論モデル形成
  • 市民文化の活性化とコミュニティ、NPO政策
  • 都市文化と自治体文化政策
  • 行政の文化化と自治体文化政策)
  • 第3章 文化政策と芸術文化(文化政策と政策企画のあり方
  • 自治体文化政策と芸術文化
  • 芸術文化の公的支援と政府
  • 地方自治体の芸術政策革新の視点)
  • 第4章 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分権時代の自治体文化政策 : ハコモノづくりから総合政策評価に向けて
著作者等 中川 幾郎
書名ヨミ ブンケン ジダイ ノ ジチタイ ブンカ セイサク : ハコモノズクリ カラ ソウゴウ セイサク ヒョウカ ニ ムケテ
書名別名 Bunken jidai no jichitai bunka seisaku
出版元 勁草書房
刊行年月 2001.4
ページ数 158p
大きさ 22cm
ISBN 4326301414
NCID BA51616381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想