日本の動物法

青木人志 著

動物愛護管理法の改正に対応して改訂!人と動物の関係にスポットライトをあててわかりやすく解説した動物法のパイオニアワーク。倫理学の領域で関心が高い「動物の権利」について、法学の視点から論述。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 動物法とはなにか(動物法の歴史-時間的成り立ち
  • 動物法の体系-構造的成り立ち
  • 西欧法と日本法-動物法の対比)
  • 第2部 人と動物の関係からみた動物法(人が動物をまもる-動物愛護管理法
  • 人を動物からまもる-家畜伝染病予防法・牛海綿状脳症対策特別措置法・狂犬病予防法
  • 人と動物が住む生態系をまもる-外来生物法
  • 人が動物をつかう-身体障害者補助犬法
  • 「まもる」と「つかう」の法原理)
  • 第3部 これからの動物法(動物法の現状-動物の「福祉」はどこまで進んだか
  • 動物法の未来-動物に「権利」はあるのか
  • 動物法の担い手-動物保護団体になにができるか
  • 日本社会と動物法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の動物法
著作者等 青木 人志
書名ヨミ ニホン ノ ドウブツホウ
書名別名 Nihon no dobutsuho
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2016.9
版表示 第2版
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-063346-8
NCID BB22123242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22788761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想