実務に活かすQ&A平成28年改正刑事訴訟法等のポイント

小坂井久, 青木和子, 宮村啓太 編著

[目次]

  • 第1章 刑事訴訟法改正に至る経緯と改正法の趣旨(検察の在り方検討会議及び特別部会設置の経緯と議論の経過
  • 改正法の趣旨と今後残された課題(附則と附帯決議の内容))
  • 第2章 改正法の具体的内容(取調べの録音・録画制度の導入
  • 証拠開示制度の拡充
  • 裁量保釈の判断に当たっての考慮事情に関する規定
  • 弁護人による援助の充実化
  • 犯罪被害者等及び証人を保護するための措置
  • 公判廷に顕出される証拠が真正なものであることを担保するための方策等の導入
  • 捜査・公判協力型協議・合意制度(いわゆる司法取引)と刑事免責制度の導入
  • 通信傍受の合理化・効率化
  • 自白事件の簡易迅速な処理のための方策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実務に活かすQ&A平成28年改正刑事訴訟法等のポイント
著作者等 宮村 啓太
小坂井 久
青木 和子
書名ヨミ ジツム ニ イカス キュー アンド エー ヘイセイ ニジュウハチネン カイセイ ケイジ ソショウホウ トウ ノ ポイント
書名別名 Jitsumu ni ikasu kyu ando e heisei nijuhachinen kaisei keiji soshoho to no pointo
出版元 新日本法規
刊行年月 2016.8
ページ数 260p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7882-8178-3
NCID BB22093935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22795389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想