適応と援助の心理学  援助編

佐々木正宏, 大貫敬一 共著

本書の構成は、大きく分けて4つの部分からなっている。第1部では、援助の形態、援助手段となる心理療法の諸概念を詳述する。第2部では、心理学的な援助の代表的立場を述べている。第3部では、人生において困難を伴うことの多い体験を取り上げ、体験者のパーソナリティや置かれた状況による心理的適応の違いについて解説した適応編を受けて、上記のような体験に心理的に適応できなくなった人々に対し、周囲の人間はどのように援助できるかについて解説する。最後に、第4部では、援助が行われる領域ごとに特徴的な援助のあり方をまとめている。心理臨床場面において必要となる基礎的知識を網羅し、幹となる重要なポイントを押さえて、事例を用いながらわかりやすく解説する。臨床心理学専攻の学生のみならず、医療・福祉・教育等の現場に携わる人々にも好適な書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 援助の概念と歴史
  • 援助の諸形態
  • 心理療法の基礎
  • クライエント中心療法(基本的態度
  • その後の発展)
  • 精神分析療法
  • 行動療法
  • 認知行動療法
  • 危機介入とコンサルテーション
  • 外傷的出来事を体験した人への援助
  • 虐待の生じた親子への援助:遺された人への援助
  • 医療福祉領域における援助
  • 教育における援助
  • 職場における援助

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 適応と援助の心理学
著作者等 佐々木 正宏
大貫 敬一
書名ヨミ テキオウ ト エンジョ ノ シンリガク
巻冊次 援助編
出版元 培風館
刊行年月 2001.3
ページ数 199p
大きさ 21cm
ISBN 4563056162
NCID BA35765824
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20146704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想