定本丸山眞男回顧談  下

丸山眞男 著 ; 松沢弘陽, 植手通有, 平石直昭 編

晩年の丸山眞男が、松沢弘陽・植手通有両氏によるインタビューにこたえた記録である本書は、個人的回想をはるかに越えた昭和史への類まれな証言である。研究の進展を踏まえた詳細な注を増補し「定本」とする。下巻では、戦後の激動期の社会・思想状況、平和問題談話会や憲法問題研究会、六〇年安保から東大紛争、そして東大辞職までが語られる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦中戦後の自由主義
  • 戦後の出発に向かって
  • 三島庶民大学
  • 生活問題としての戦後
  • 太平洋戦争を省みる
  • アジアへの目
  • 思想史研究と講義
  • サンフランシスコ講和・朝鮮戦争・六〇年安保
  • 法学部改革・東大紛争・辞職
  • ポスト戦後と学問の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定本丸山眞男回顧談
著作者等 丸山 真男
平石 直昭
松沢 弘陽
植手 通有
丸山 眞男
書名ヨミ テイホン マルヤマ マサオ カイコダン
書名別名 Teihon maruyama masao kaikodan
シリーズ名 学術 352
岩波現代文庫 352
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.8
ページ数 355,13p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600352-4
NCID BB21661384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22781273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想