元始音霊縄文の響き

鎌田東二 著

"縄文"とは初元の時、無始の宇宙。すべては「音=響き」から始まった。いまよみがえる「縄文の音楽」とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 縄文の響きと神道の音楽思想(縄文の世界
  • 「音楽」という概念
  • 言葉の生命と琴と言霊
  • 空海と真言と「音楽」
  • 中世の和歌即陀羅尼思想と近世国学の言霊思想
  • 平田篤胤と『天石笛之考』
  • 「鎮魂帰神」と石笛と「音霊」
  • 「縄文の楽器」と「縄文の音楽」)
  • 元始音霊ユニットの演奏曲の解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 元始音霊縄文の響き
著作者等 鎌田 東二
書名ヨミ ゲンシ オトタマ ジョウモン ノ ヒビキ
書名別名 Genshi ototama jomon no hibiki
シリーズ名 CDブック
出版元 春秋社
刊行年月 2001.3
ページ数 93p
大きさ 19cm
付随資料 CD1枚 (12cm)
ISBN 4393970101
NCID BA52035930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想