漱石の漢詩

和田利男 著

元来僕は漢学が好きで随分興味を有つて漢籍は沢山読んだものである-少年期から漢籍に親しんだ漱石は、英文学でなく漢文学で身を立てようとまで考えていた。その漱石漢詩をつぶさに吟味しつつ、杜甫や李白など唐代の漢詩人の影響を考える。吉川幸次郎の漱石研究に先んじた斯界の第一人者による決定版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(漱石漢詩の展開
  • 漱石漢詩と則天去私
  • 漱石漢詩の「美人」-嫂との不倫説に関連して
  • 漱石漢詩注釈上の疑義)
  • 2(漱石と良寛
  • 漱石と陶淵明
  • 漱石と王維
  • 漱石と杜甫
  • 漱石と寒山
  • 漱石と高青邱)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石の漢詩
著作者等 和田 利男
書名ヨミ ソウセキ ノ カンシ
シリーズ名 雑英 29
文春学藝ライブラリー 29
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.8
ページ数 276p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-813067-0
NCID BB22101997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22776291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想