悪としての世界史

三木亘 著

従来、欧米中心で紡がれてきた歴史観に対し、中東から見た世界史とは?ジャバルティ、マルクス、司馬遷などの歴史家から市井の人まで、生身の人間を通じて語られた、中東研究の第一人者による画期的な世界史論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史叙述と歴史意識
  • 2 悪としての世界史
  • 3 西アジア世界の形成と展開
  • 4 世界史のなかのイスラム世界
  • 5 地中海世界と文明移転の諸問題
  • 6 中東における民族の問題
  • 7 都市発祥の地・オリエント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪としての世界史
著作者等 三木 亘
書名ヨミ アク ト シテ ノ セカイシ
シリーズ名 歴史 26
文春学藝ライブラリー 26
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.8
ページ数 330p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-813068-7
NCID BB22056451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22776292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
世界史のなかのイスラム世界 セカイシ ノ ナカ ノ イスラム セカイ
中東における民族の問題 チュウトウ ニオケル ミンゾク ノ モンダイ
地中海世界と文明移転の諸問題 チチュウカイ セカイ ト ブンメイ イテン ノ ショモンダイ
悪としての世界史 アク トシテノ セカイシ
歴史叙述と歴史意識 レキシ ジョジュツ ト レキシ イシキ
西アジア世界の形成と展開 ニシアジア セカイ ノ ケイセイ ト テンカイ
都市発祥の地・オリエント トシ ハッショウ ノ チ・オリエント
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想