演歌の明治ン大正テキヤ

添田啞蟬坊 詞 ; 社会評論社編集部 編

自由民権運動に起きた「演歌」が縁日の風景に和むまで…東京市民の心情風景ソングのストリートシンガー添田唖蝉坊演歌と社会誌をミックス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会党ラッパ節-トコトットット
  • 喇叭節(ラッパ節)-蟇口拾って喜んでにつこと笑ふてよく見たら
  • 四季の歌(春は嬉しや)-チョイト覚悟の厚化粧
  • ストトン節-ストトンストトン
  • ヘナチョコ節-ステキメッポーヘナチョコだ
  • 現代節-アラ ほんとに現代的だわネ
  • 当世字引歌-「空前絶後」とは「タビタビアルコト」
  • 東京節(パイノパイ)-ラメチャンタラギッチョンチョンデパイノパイノパイ
  • 新鴨緑江節-貧乏人に面あてのアノ花が咲く
  • 新馬鹿の唄(ハテナソング)-ハテナハテナ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演歌の明治ン大正テキヤ
著作者等 厚 香苗
添田 唖蝉坊
社会評論社
社会評論社編集部
吉崎 雅規
和田 崇
白鳥 博康
中村 敦
書名ヨミ エンカ ノ メイジン タイショウ テキヤ : フレーズ メイジン ソエダ アゼンボウ サクヒン ト シャカイ
書名別名 フレーズ名人・添田啞蟬坊作品と社会
出版元 社会評論社
刊行年月 2016.8
ページ数 236p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7845-1917-0
NCID BB2196830X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22777916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想