高齢者退職後生活の質的創造

加藤泰子 著

人生80年を超える長寿社会となった日本とともに、高齢者の退職後生活の在り方が欧米においても大きな問題となっている。本書は、米国の4つの地域コミュニティにおける参与観察を通じて、地域との交流、サービス提供等、積極的に多世代と交わり社会的活動を行う高齢者を焦点に、施設等で介護・扶助される老後像と異なる、「活動する高齢者像」を活写した、退職前後の当事者、関連事業者をはじめ、日本にも多くの示唆をもたらす、今日必見の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 退職後高齢者の生活の質論に向けて
  • 第1章 大都市郊外住宅地コミュニティと生活の質-メリーランド州ケントランズを事例として
  • 第2章 大都市都心居住と生活の質-イリノイ州シカゴ市都心を事例として
  • 第3章 スモールタウン居住と生活の質-ウィスコンシン州ウーストブルクを事例として
  • 第4章 高齢者コミュニティと生活の質-メリーランド州「レジャー・ワールド」を事例として
  • 終章 高齢者退職後生活の質的創造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高齢者退職後生活の質的創造
著作者等 加藤 泰子
書名ヨミ コウレイシャ タイショクゴ セイカツ ノ シツテキ ソウゾウ : アメリカ チイキ コミュニティ ノ ジレイ
書名別名 アメリカ地域コミュニティの事例

Koreisha taishokugo seikatsu no shitsuteki sozo
シリーズ名 コミュニティ政策叢書 2
出版元 東信堂
刊行年月 2016.8
ページ数 310p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7989-1375-9
NCID BB21936529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22780593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想