蜜と唾

盛田隆二 著

梶亮平、27歳。ブラック企業体験記が、初めて月刊誌に掲載された。それを見たという美帆子から四年ぶりに電話が入る。学生時代、家庭教師をしていた少年の母親だ。中学受験を前に少年は交通事故で亡くなった。後に刑事の事情聴取に応じた際、亮平は思い知る。あの一本の電話から事件に巻き込まれることになったのだと。リアリズムの名手、初の犯罪ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蜜と唾
著作者等 盛田 隆二
書名ヨミ ミツ ト ツバ
書名別名 Mitsu to tsuba
出版元 光文社
刊行年月 2016.8
ページ数 308p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-334-91115-7
NCID BB22211623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22773821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想