ヴァレリー

山田直 著

私たちは今、私たち人類自身が産みだした科学技術の巨大な怪物を扱いかね、逆にこれによって翻弄されている。この事実は、一部の識者だけでなく、現在、世界的規模で論じられている核問題・環境汚染問題・臓器移植問題などによって、私たちのすべてが身近なものとして痛感させられている。科学の急速な進歩に人間の心と精神が追いつけなくなっている現状は誰の目にも明らかで、もしヴァレリーが生きていたら何といったであろう、と思わざるをえない。彼はすでに約一世紀前の一九一九年に「精神の危機」を発表し、技術偏重によって商品化した科学を指弾して、人類に警鐘を打ち鳴らしている。ところが人間は彼の警告を無視して反対の方向へつっ走り、彼が恐れていたような今日の危機を招いてしまった。どうすれば私たちは正しく機能する精神を復活させ、人間性を取りもどすことができるだろうか。今こそヴァレリーを読み、彼から学ぶべきである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 栄光の実像と虚像
  • 1 ヴァレリーの家系
  • 2 青春時代と沈黙の二〇年
  • 3 「ジェノヴァの危機」と自己革命
  • 4 精神の日記『カイエ』
  • 5 デカルトへの傾倒
  • 6 ヴァレリーの科学思想
  • 7 ヴァレリーの政治思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァレリー
著作者等 山田 直
書名ヨミ ヴァレリー
シリーズ名 人と思想 99
Century Books 99
出版元 清水書院
刊行年月 2016.8
版表示 新装版
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-389-42099-4
NCID BB22125645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22774161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想