安全保障政策と戦後日本1972~1994

河野康子, 渡邉昭夫 編著

戦後日本は「安全保障」とどう向き合ってきたのか。今なお続く安保法制問題の源流を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「樋口レポート」の歴史的位置づけ-研究者として、当事者として
  • 第1部 七〇年代の日米関係と安全保障(日米防衛協力に向かう日本の論理-対等性の模索と抑止の確保
  • 佐藤政権期における基地対策の体系化-ふたつの有識者研究会の考察を中心に
  • 防衛官僚・久保卓也とその安全保障構想-その先見性と背景)
  • 第2部 樋口レポートの史的考察(樋口レポートの作成過程と地域概念-冷戦終結認識との関連で
  • 冷戦終結と日本の安全保障構想-防衛問題懇談会の議論を中心として
  • 防衛問題懇談会での防衛力のあり方検討-防衛庁の主導的関与を中心として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安全保障政策と戦後日本1972~1994
著作者等 宮岡 勲
小伊藤 優子
平良 好利
板山 真弓
河野 康子
渡辺 昭夫
真田 尚剛
渡邉 昭夫
書名ヨミ アンゼン ホショウ セイサク ト センゴ ニホン センキュヒャクナナジュウニ センキュウヒャクキュウジュウヨン : キオク ト キロク ノ ナカ ノ ニチベイ アンポ
書名別名 The Long After War and Japan's Security Policy Changes

The Long After War and Japan's Security Policy Changes : 記憶と記録の中の日米安保
出版元 千倉書房
刊行年月 2016.8
ページ数 212p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8051-1099-7
NCID BB21873203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22780564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想