東アジアのかたち

大庭三枝 編著

重層化し、再構成される東アジア地域秩序の行く末と地域構想の可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東アジアへの視座
  • 第1章 ASEAN外交とASEAN諸国外交のあいだ-「中心性」「一体性」と南シナ海問題
  • 第2章 ASEAN経済統合と東アジア-AECの実現とRCEP
  • 第3章 ASEAN協力の新段階-東アジアにおけるAPSCとASCCの意義
  • 第4章 「メコン・サブ地域」の出現-域内国の模索と域外大国の関与
  • 第5章 中国の対東南アジア・ASEAN外交-胡錦涛・習近平政権期を中心に
  • 第6章 オバマ政権のリバランス政策の検証-東アジアにおける国際政治への含意
  • 第7章 日本の地域構想と「中国の台頭」-歴代首相の政策演説に見る「仲間」の描き方
  • 終章 東アジア地域のかたち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアのかたち
著作者等 中山 俊宏
大庭 三枝
山影 進
川島 真
清水 一史
渡辺 昭夫
鈴木 早苗
青木 まき
書名ヨミ ヒガシアジア ノ カタチ : チツジョ ケイセイ ト トウゴウ オ メグル ニチベイチュウ アセアン ノ コウサ
書名別名 The Making of East Asia

The Making of East Asia : 秩序形成と統合をめぐる日米中ASEANの交差
出版元 千倉書房
刊行年月 2016.8
ページ数 272p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8051-1093-5
NCID BB2187319X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22779946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想