旅愁  上

横光利一 作

日本的精神主義を重んじる矢代と西洋的自然主義に偏する久慈は、パリの空の下、議論の火花を散らす。それは欧洲取材を経て戦前から戦後へと本作を書き継いだ横光利一(1898‐1947)の文化・文明論の投影でもある。GHQによって書き換えを余儀なくされた問題作を、検閲前のテキストに拠り、作家の真意に迫る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旅愁
著作者等 横光 利一
書名ヨミ リョシュウ
シリーズ名 岩波文庫 31-075-4
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.8
ページ数 579p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-310754-6
NCID BB21865136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22785417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想