関東大震災

鈴木淳 [著]

一九二三(大正十二)年九月一日、十一時五十八分四十四秒。東京を襲った大地震は十万を超える人命を奪い、近代国家・日本に深い爪痕を残した。しかし、そこでは被害の拡大を阻止すべく奮闘した人々がいた。消防、医療、ボランティア、そして情報。今日、注目を集める災害時の人的活動を通して都市型災害の全貌を追い、共有すべき歴史の教訓を読みなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 震災当時の防災体制(震災前の災害と対応
  • 地震発生)
  • 第2章 猛火と戦った人々(大震火災と警視庁消防部
  • 応援部隊や地域団体の活動
  • 地域の自衛はいかにして可能になったか)
  • 第3章 放置された重傷者-江東地区における罹災者医療(地震発生直後の罹災者医療
  • 本所被服廠跡の悲劇
  • 地域外からの救護班の来援
  • 救護の本格化)
  • 第4章 大正の震災ボランティア(罹災者の行方
  • 流言と自警団
  • さまざまな救護活動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関東大震災
著作者等 鈴木 淳
書名ヨミ カントウ ダイシンサイ : ショウボウ イリョウ ボランティア カラ ケンショウ スル
書名別名 消防・医療・ボランティアから検証する
シリーズ名 講談社学術文庫 2381
出版元 講談社
刊行年月 2016.8
ページ数 216p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292381-1
NCID BB21858072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22776295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想