智慧のともしび  中国・朝鮮半島・日本篇

三友健容博士古稀記念論文集刊行会 編

この本の情報

書名 智慧のともしび
書名ヨミ チエ ノ トモシビ : アビダルマ ブッキョウ ノ テンカイ : ミトモ ケンヨウ ハクシ コキ キネン ロンブンシュウ
書名別名 アビダルマ佛教の展開 : 三友健容博士古稀記念論文集
巻冊次 中国・朝鮮半島・日本篇
出版元 山喜房佛書林
刊行年月 2016.3
ページ数 1031p
大きさ 23cm
全国書誌番号
22770050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
On the authenticity of Shōtoku Taishi's sangyō-gisho Hiroshi Kanno
Subjectivity at the heart of Jōdo Shinshū spirituality and doctrine Kenneth K. Tanaka
Translation of chapters five and six of Yōkan's ōjō jūin Robert F. Rhodes
「他者学」としての宗教学 鶴岡賀雄
「十如是」の作者は誰か? 前川健一
「死後法華誦経譚」の意味するもの 間宮啓壬
「証の二重性」と親鸞の念仏 小川一乗
『涅槃経』所説五行説における天行 日比宣仁
『華厳五教章』に於ける『法華経』の一乗思想 佐藤海音
『釋摩訶衍論』の真偽問題について 福士慈稔
『金園集』の研究 釋果鏡
『開目抄』にみる日蓮聖人の三大誓願と末世の衆生救済について 関戸堯海
マインドフルネスと仏教の再構築 井上ウィマラ
中世法相宗における理の理解 蓑輪顕量
中国天台山国清寺碑刻法華経について 桐谷征一
仏教と水行 鈴木隆泰
千箇寺詣の信仰習俗に関する資料 望月真澄
吉蔵における憎肇説の引用について (再論) 奥野光賢
吉蔵撰『法華論疏』の文献学的研究. 1 中井本勝
嘉祥吉蔵における法雲の法華教学批判と受容の再検討 早川貴司
安世高訳『佛説大安般守意經』の訳注研究 釋果暉
安然撰『教時問答』の基礎的考察 大久保良峻
延山流声明譜の特徴について 池上要靖
日什教学の特徴 河村孝照
日蓮と忍性について 吉村彰史
日蓮宗「修法祈禱にみる木剣の歴史」 宮川了篤
日蓮聖人における名字即・観行即 中村宣悠
日蓮聖人における法華経寿量品の受容 庵谷行亨
日蓮聖人の非人教化 石川修道
日蓮聖人の題目受持論の背景をめぐって 渡邊寶陽
日蓮聖人遺文における「法華経の行者」 桑名法晃
日蓮遺文における九識説 岩田諦靜
智顗『四教義』における三種念処説について 窪田哲正
法華玄義取要抄. 続 伊藤瑞叡
法華経第一の理論的根拠 山崎斎明
海東における法華天台思想史の展開 金炳坤
玄奘のインドにおける修学について 吉村誠
祈願札にみる信仰と祈り 木村中一
薗田宗恵のベルリン留学 西村実則
貞慶と明恵 藤井教公
近代日本に見る日蓮信仰の諸相 三輪是法
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想