近代日本の日蓮主義運動

大谷栄一 著

石原莞爾や宮沢賢治が心酔した「日蓮主義」とは何か。政教一致をかかげ、国家と密接にかかわりつつ展開した宗教運動の全体像を、資料を博捜し、はじめて実証する新進気鋭による画期的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日蓮主義とは何か
  • 第1部 日蓮門下教団改革運動の歴史(一八八〇〜一九〇〇年代)(田中智学と本多日生
  • 日蓮門下教団改革運動の展開
  • 日露戦争の影響-それぞれの「国体」)
  • 第2部 日蓮主義と日本国体の交渉(一九一〇年代)(国体神話との交渉
  • 日蓮主義ネットワークと日蓮門下統合運動
  • 第一次世界大戦と「日蓮主義の黄金時代」)
  • 第3部 国体論的日蓮主義運動の展開(一九二〇年代)(立正大師諡号宣下と関東大震災
  • 智学の政治進出と日米問題
  • 国民教化運動への参加
  • 国家と宗教)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の日蓮主義運動
著作者等 大谷 栄一
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ ニチレン シュギ ウンドウ
出版元 法藏館
刊行年月 2001.2
ページ数 426p
大きさ 22cm
ISBN 4831856266
NCID BA51416848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20169166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想