日本陸軍と中国

戸部良一 著

中国スペシャリストとして、戦前の対中外交を率いた陸軍「支那通」。その代表的人物・佐々木到一は、孫文はじめ中国国民党の要人と深い親交を結び、第二次北伐に際しては国民革命軍にも従軍した。しかし、その後、支那事変(日中戦争)では南京攻略戦に参加して、いわゆる南京「虐殺」の当事者となり、戦後、激しい批判にさらされることになる。革命に共感を寄せ、日中提携を夢見た彼らが、結果としてなぜ泥沼の支那事変へと両国を導くことになったのか。われわれは、どこで道を誤ってしまったのか?「支那通」の思想と行動を通して、戦前の日中関係の深層に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 陸軍支那通とは何か
  • 第1章 陸軍支那通の誕生
  • 第2章 中国軍閥と支那通
  • 第3章 新支那通の登場
  • 第4章 ナショナリズムの相剋
  • 第5章 日中衝突
  • 終章 支那通の功罪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本陸軍と中国
著作者等 戸部 良一
書名ヨミ ニホン リクグン ト チュウゴク : シナツウ ニ ミル ユメ ト サテツ
書名別名 「支那通」にみる夢と蹉跌
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ト16-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.8
ページ数 325p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09740-8
NCID BB21852316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22782629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想