通州事件目撃者の証言

藤岡信勝 編著

一九三七年七月二十九日、居留区の日本人二百余人が支那人に惨殺された「通州事件」。その蛮行の一部始終を目撃した日本人女性がいた。一人の老婆が「かたきをとって」と女性に言い、「なんまんだぶ」ととなえて息をひきとった。女性は、帰国後、ある寺の住職と出会い、五十年間秘密にしてきた地獄絵そのままの体験をつぶさに語った-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 通州事件の真相を伝える後世日本人への贈り物-調寛雅著『天皇さまが泣いてござった』と佐々木テン証言の意義(一冊の本との出合い
  • 『天皇さまが泣いてござった』という書名の由来
  • 戦争で日本人が蒙った惨劇 ほか)
  • 2 通州事件の惨劇-日本人皆殺しの地獄絵(日本罪悪史観の誤り
  • 東京裁判史観を広めた教育とマスコミ
  • 盧溝橋事件の真相 ほか)
  • 3 通州事件の目撃者佐々木テンさんの証言(支那人と結婚し支那に渡る
  • 通州で日本兵と語る楽しみ
  • 日本の悪口を言いふらす朝鮮人 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通州事件目撃者の証言
著作者等 藤岡 信勝
調 寛雅
書名ヨミ ツウシュウ ジケン モクゲキシャ ノ ショウゲン
シリーズ名 自由社ブックレット 5
出版元 自由社
刊行年月 2016.7
ページ数 111p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-915237-93-5
NCID BB22538918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22778583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想