茶の湯ブンガク講座

石塚修 著

狂言・歌舞伎・文楽、松尾芭蕉に夏目漱石。古今の書物に登場する「茶の湯」を、現代語訳と軽妙な語り口で解説する新視点のブンガク講座。茶席で思わず話したくなる茶の湯の教養が詰まった珠玉の17作品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 文豪たちも茶の湯が気になった!?(ビックリ!?俳人の懐石初体験「墨汁一滴」正岡子規著
  • 文豪もお稽古場で叱られた!?「草枕」夏目漱石著
  • 茶室の暗さは日本美の根源だ!「陰翳礼賛」谷崎潤一郎著
  • ノーベル賞作家が語る!日本美「美しい日本の私」川端康成著)
  • 2章 江戸ブンガクでは茶の湯は常識!?(茶の湯ばなしで若様教育!?「醒睡笑」安楽庵策伝著
  • 道具にとらわれる茶人を一喝!?「可笑記」如儡子著
  • 遊女を射止めた真の文化人!?「にぎはひ草」灰屋紹益著
  • 茶会の成功談、失敗談!?「西鶴諸国ばなし」井原西鶴著
  • 利休の亡霊に叱られる!?「風流茶人気質」永井堂亀友著)
  • 3章 俳諧は茶の湯に通ず!?(俳聖も利休にあこがれた!?「笈の小文」松尾芭蕉著
  • 発見!?文学ゆかりの茶道具「風俗(本朝)文選」森川許六編
  • 茶人の逸話を一句に込めた!?「新花摘」与謝蕪村著
  • 俳諧を茶道普及のツールに!?「不白翁句集」川上不白著)
  • 4章 古典芸能にも茶の湯が!?(茶を点てて倒れた大茶人!?狂言「通円」
  • 武士も茶の湯で出世!?「鑓の権三重帷子」近松門左衛門著
  • 江戸城の茶の湯番が大活躍!?「天衣紛上野初花」河竹黙阿弥著)
  • 付録 「茶人つれづれ草」(抄訳)省吾庵主人著

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶の湯ブンガク講座
著作者等 石塚 修
書名ヨミ チャノユ ブンガク コウザ : チカマツ バショウ カラ ソウセキ タニザキ マデ
書名別名 近松・芭蕉から漱石・谷崎まで
シリーズ名 淡交新書
出版元 淡交社
刊行年月 2016.8
ページ数 271p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-473-04102-9
NCID BB2188366X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22778149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想