味噌の民俗

岩城こよみ 著

庶民に伝わる日本の食文化の伝統が味噌を通じて心に沁みる。家族の心身を育んだ「おふくろの味」である家庭内食を支えてきた「ウチミソ」の民俗を描くことで、現代日本の食環境問題に一石を投じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 味噌の座標(自家醸造味噌
  • 本書の目的と姿勢
  • 味噌-その諸説
  • 味噌の学び-その窓口)
  • 第1章 製造(仕込みの季節と期日
  • 製造技術
  • 味噌祝い、製造に関する呪術・儀礼)
  • 第2章 管理(管理の実態
  • 管理に関する伝承)
  • 第3章 利用(味噌とその周辺
  • 信仰、民間療法など)
  • 終章 本書から見えたこと(ウチミソの力
  • 伝統的な保存食の復権に向けて
  • 日本人としての自省)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 味噌の民俗
著作者等 岩城 こよみ
書名ヨミ ミソ ノ ミンゾク : ウチミソ ノ チカラ
書名別名 ウチミソの力

Miso no minzoku
出版元 大河書房
刊行年月 2016.7
ページ数 258p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-902417-37-1
NCID BB21810462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22774665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想