Prognostic Significance of Neuroadrenergic Dysfunction for Cardiovascular Events in Patients with Acute Myocardial Infarction(急性心筋梗塞患者における自律神経異常は心血管イベントの予後予測因子である)

雑誌に発表。CIRCULATION JOURNAL. 79(10):2238-2245 (2015); doi:10.1253/circj.CJ-15-0265.;PubMed番号 : http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?CMD=search&DB=pubmed&term=26155851;元資料の権利情報 : All rights are reserved to the Japanese Circulation Society.;元資料の権利情報 : All rights are reserved to the Japanese Circulation Society.

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 Prognostic Significance of Neuroadrenergic Dysfunction for Cardiovascular Events in Patients with Acute Myocardial Infarction(急性心筋梗塞患者における自律神経異常は心血管イベントの予後予測因子である)
著作者等 南澤 匡俊
言語 英語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想