駅鈴(はゆまのすず)

久保田香里 作 ; 坂本ヒメミ 画

「重大な知らせを伝える。それがわたしたち駅家の仕事だ」メールも電話もない時代。駅鈴を鳴らし、馬で駆け、急を知らせた人たちがいた-。近江国(滋賀県)を舞台にした奈良時代の感動ストーリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 駅鈴(はゆまのすず)
著作者等 久保田 香里
坂本 ヒメミ
寺崎 保広
ヒメミ 坂本
書名ヨミ ハユマ ノ スズ
書名別名 駅鈴
シリーズ名 くもんの児童文学
出版元 くもん
刊行年月 2016.7
ページ数 347p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7743-2506-4
NCID BB21719520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22763862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想