折々の民俗学

常光徹 著

暮らし、思い出、風聞、日記から。毎日読みたい民俗学の深い話。日ごろ当たり前のように見聞きしていることがらの背後に横たわる「心意」を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 春から夏へ、暮らしの風景(電車とケータイ-不自由な視線
  • 猫は魔物か福神か-ペットの死
  • 年中行事を買う-節分の恵方巻き ほか)
  • 2 秋から冬へ、暮らしの風景(自然災害と伝説-洪水と父の涙
  • カツオ船を展示する-一本釣り漁の絵馬
  • 入院体験-病院依存症 ほか)
  • 3 「真覚寺日記」に想う(地震と津波-安政南海地震の記録
  • 津波の影響-ペットと災害
  • 占いと寿命-明日死ぬと言われた男 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 折々の民俗学
著作者等 常光 徹
書名ヨミ オリオリ ノ ミンゾクガク
書名別名 Oriori no minzokugaku
出版元 河出書房新社
刊行年月 2016.7
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-22674-3
NCID BB21917706
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22774173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想