君は山口高志を見たか

鎮勝也 [著]

阪急ブレーブスの黄金時代を支えた天才剛速球投手の栄光、そして悲哀のノンフィクション。身長169cmから繰り出されるストレートは、160kmを超えた!その剛速球には、男の意志が込められていた。野球が最も輝いていた時代、ひときわ輝く彼のピッチングにファンは痺れ、そのスピードは記憶に焼き付いた。-男の名は、山口高志。伝説がいま甦る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 衝撃
  • 2 プロ入り拒否
  • 3 誕生
  • 4 葛藤
  • 5 プロの壁
  • 6 最盛期
  • 7 阪急の悲願
  • 8 引退
  • 9 継承

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 君は山口高志を見たか
著作者等 鎮 勝也
書名ヨミ キミ ワ ヤマグチ タカシ オ ミタカ : デンセツ ノ ゴウソッキュウ トウシュ
書名別名 伝説の剛速球投手

Kimi wa yamaguchi takashi o mitaka
シリーズ名 講談社+α文庫 G284-1
出版元 講談社
刊行年月 2016.7
ページ数 395p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-281674-8
全国書誌番号
22763988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想