野村克也人生語録

野村克也 [著]

弱小チームを次々託されリーグ優勝・日本一へと導き、他球団をクビになった選手を再生し続けた24年間の監督生活。3204試合を闘い抜いて辿り着いた通算1565勝1563敗-「たった2つ」の勝ち越し。だがこの2勝にこそ、ノムライズムの真髄が隠されていた。才能に恵まれていなくとも、不器用でも、自分を生かして活躍する方法はある。"人生を変える"ノムさんの「名言」!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「一流選手あるいは強いチームとは、失敗や負けを活かすことがうまい選手やチームのことをいう」
  • 「不器用は最後に器用に勝る」
  • 「才能のない者の武器は考えること」
  • 「手段と目的を混同してはいけない」
  • 「人の三倍、練習をしよう」
  • 「親孝行は大成の絶対条件である」
  • 「人間の最大の罪とは何か。それは鈍感である」
  • 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
  • 「予測、実践、反省」
  • 「弱者は極限まで考え、知恵を振り絞り、創意工夫することによって技術力の不足を補うしかない」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野村克也人生語録
著作者等 野村 克也
書名ヨミ ノムラ カツヤ ジンセイ ゴロク
シリーズ名 講談社+α文庫 A164-1
出版元 講談社
刊行年月 2016.7
ページ数 328p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-281682-3
全国書誌番号
22763994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想