大佛頂如來密因修證了義諸菩薩萬行首楞嚴經 : 一名中印度那蘭陀大道場經於灌頂部録出別行  卷4-6 ~ 卷7-10

般刺密帝譯 ; 彌伽釋迦譯語 ; (唐)房融筆受 ; (宋釋)思坦集註 ; (明釋)慧基重校訂 ; (明)霍達參閲

この本の情報

書名 大佛頂如來密因修證了義諸菩薩萬行首楞嚴經 : 一名中印度那蘭陀大道場經於灌頂部録出別行
著作者等 Meghashika
思坦
慧基
房 融
霍 達
Pāramiti
書名ヨミ ダイブッチョウ ニョライ ミツイン シュショウ リョウギ ショボサツ マンギョウ シュリョウゴンギョウ : イチミョウ チュウインド ナランダ ダイドウジョウキョウ オ カンジョウブ ロクシュツ ベツギョウ
書名別名 楞嚴經集註
シリーズ名 續藏經
巻冊次 卷4-6
卷7-10
出版元 涵芬樓
刊行年月 1923.12
ページ数 2冊
大きさ 28cm
NCID BB21675913
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 中国語
出版国 中華人民共和国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想