路上のジャズ

中上健次 著

一九六〇年代、新宿、ジャズ喫茶。デビスに涙し、アイラーに共鳴し、コルトレーンに文学を見た中上健次。「破壊せよ、とアイラーは言った」ほかエッセイを中心に詩、短篇小説までを全一冊に収める、ジャズと青春の日々をめぐる作品集。巻末にジャズ評論家小野好恵によるロングインタビューを併録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 路上のジャズ(青春の新宿
  • ジャズの日々
  • 路上のジャズ ほか)
  • 2 ジャズをきけ。ジャズを…(JAZZ
  • 灰色のコカコーラ)
  • 3 破壊せよ、とアイラーは言った(吹雪のハドソン川-アルバート・アイラー「ゴースト」
  • 新鮮な抒情-テルオ・ナカムラ「マンハッタン・スペシャル」
  • 日の光と排気ガス-マイルス・デビス「リラクシン」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 路上のジャズ
著作者等 中上 健次
小野 好恵
書名ヨミ ロジョウ ノ ジャズ
シリーズ名 中公文庫 な29-2
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.7
ページ数 299p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206270-2
NCID BB21773887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22770859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想