サッカーと愛国

清義明 著

サッカーとナショナリズムは強い親和性をもつ。スタジアムは世の中の縮図である。いいことも悪いことも、スタジアムで起きたことは世界に波及する。本書では、サッカーに魅了され、知らぬうちに翻弄される人々と、それでもそこから見いだされる希望のようなものについて、フィールドワークの成果を報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 モンスター化した「ぷちナショナリズム」
  • 第2章 ソウルに翻る旭日旗
  • 第3章 「JAPANESE ONLY」の暗闇
  • インタビュー 李鉄泰(李忠成の父)「僕らはもう戻れない。船は出ちゃったんだから」
  • インタビュー 姜成明(映画『TESE』監督)-今、ここに「在る」チョンテセ
  • 第4章 バナナを食べるサッカー選手たち
  • 第5章 サポーターは世界で闘う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サッカーと愛国
著作者等 清 義明
書名ヨミ サッカー ト アイコク
書名別名 FOOTBALL & NATIONALISM
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2016.7
ページ数 295p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7816-1218-8
NCID BB21888969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22770391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想