戦略的思考の虚妄

東谷暁 著

地政学がブームとなっている。八〇年代には戦略論がもてはやされていた。にもかかわらず、日本人に戦略的思考は身につかず、政府の外交力も向上していない。一体なぜなのか。この問いに応えるべく、ベストセラーとなった戦略論を俎上に載せ、その誤謬を明らかにしてゆく。その上で、アメリカ、中国、日本など主要国の戦略を概観し、戦略とは何かを指し示す。日本を取り巻く現実を踏まえた上で、戦略論の根本を論じた本書は、これからの日本を考える上で必読の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 閉じられた思考の円環
  • 第2章 経済と技術は戦略を超えるのか
  • 第3章 敗戦は「絶対悪」なのか
  • 第4章 地政学から戦略論へ
  • 第5章 政治が戦略を決める
  • 第6章 グランド・ストラテジーと歴史
  • 第7章 アメリカの戦後と核戦略
  • 第8章 中位国の核戦略と日本
  • 第9章 新時代を拓く「RMA」の虚実
  • 第10章 日本にとっての戦略思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦略的思考の虚妄
著作者等 東谷 暁
書名ヨミ センリャクテキ シコウ ノ キョモウ : ナゼ ジュウゾク コッカ カラ ヌケダセナイ ノカ
書名別名 なぜ従属国家から抜け出せないのか
シリーズ名 筑摩選書 0134
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.7
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01643-0
NCID BB21654764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22778022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想