完本密命  巻之14

佐伯泰英 著

惣三郎の次女結衣が姿を消した。昇平によれば、結衣が宮地芝居の小屋から出てくるところを見かけたという。しかし当の一座は既に江戸を発っていた。一座が向かった先は、惣三郎に仇なす尾張。これは偶然か、はたまた陰謀か?息子清之助に助勢を頼む文を書き送った惣三郎は、老骨に鞭打ち、東海道をひた走る。文を受け取った清之助も名古屋に駆けつけ…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 完本密命
著作者等 佐伯 泰英
書名ヨミ カンポン ミツメイ
書名別名 遠謀 : 血の絆

Kanpon mitsumei
シリーズ名 祥伝社文庫 さ6-66
巻冊次 巻之14
出版元 祥伝社
刊行年月 2016.7
ページ数 338p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-396-34235-7
全国書誌番号
22754666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想