水の精(ウンディーネ)

フケー 著 ; 識名章喜 訳

妖しい森で道に迷った騎士フルトブラントは、湖の岸辺に立つ一軒の漁師小屋にたどり着く。そこで出会ったのは、可憐にして妖艶、無邪気で気まぐれな美少女ウンディーネだった。恋に落ちた二人は結婚式をあげるが…。水の精と人間の哀しい恋を描いたドイツ・ロマン派の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水の精(ウンディーネ)
著作者等 La Motte-Fouqué, Friedrich Heinrich Karl
La Motte-Fouqué, Friedrich Heinrich Karl, Freiherr de
識名 章喜
Fouqu'e Friedrich Heinrich Karl de la Motte
フケー フリードリヒ・ハインリヒ・カール・ド・ラ・モットゥ
書名ヨミ ウンディーネ
書名別名 Undine

水の精

Undine
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 KAフ12-1
出版元 光文社
刊行年月 2016.7
ページ数 237p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75334-4
NCID BB21596806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22754558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想