荒ぶる魂

嶋津義忠 著

岩手県久慈に生まれ、悪ガキとして育った三船久蔵は、仙台二中に進学し、柔道と出合った。小柄ながらも地元で敵なしの久蔵は、上京後、講道館に入門し稽古に励み、異例の速さで昇段、数多の強敵を倒していく。不断の鍛錬の末に辿り着いた「押さば回れ、引かば斜めに」の境地は、幾多の新技を創出し、やがて究極の神業「空気投」を生み出す。不世出の柔道家の生涯を描いた長編小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荒ぶる魂
著作者等 嶋津 義忠
書名ヨミ アラブル タマシイ : クウキナゲ ミフネ キュウゾウ ジュウダン
書名別名 空気投・三船久蔵十段
シリーズ名 PHP文芸文庫 し2-4
出版元 PHP研究所
刊行年月 2016.7
ページ数 411p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-76601-0
全国書誌番号
22753170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想