性と呪殺の密教

正木晃 著

性行為の歓喜が心身の力を極限まで高め、究極の智恵をもたらすという理論を根拠に、修行に導入された「性的ヨーガ」。不正義の人が悪事を成す前に、浄土に送り届けることは救済にほかならないという思想に基づく「呪殺」。チベット密教には、いまだ秘匿された教義が数多く存在する。なぜそうした奥義がチベットで歓迎されるに至ったのか。その背景を解き明かしつつ、知られざる神秘に迫る。国や地域と時代を問わず、宗教にあまねく内在する暴力とエロティシズムの原理にまで鋭く切り込んだ一章を増補。宗教の本質を抉り出す驚異の密教入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 チベット密教誕生への道
  • 第2章 ドルジェタク登場
  • 第3章 光と闇
  • 第4章 ドルジェタク以降
  • 第5章 チベット仏教の最終解答
  • 補章 聖典解釈から生まれる暴力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と呪殺の密教
著作者等 正木 晃
書名ヨミ セイ ト ジュサツ ノ ミッキョウ : カイソウ ドルジェタク ノ ヤミ ト ヒカリ
書名別名 怪僧ドルジェタクの闇と光

Sei to jusatsu no mikkyo
シリーズ名 ちくま学芸文庫 マ30-3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.7
版表示 増補
ページ数 343p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09735-4
NCID BB21647907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22771762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想