梅干と日本刀  梅干編

樋口清之 原作 ; 青木健生 脚本 ; 玉屋かつき 漫画

そうだったのか!「日本人の智恵」を科学的、かつ歴史的に徹底検証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『主食』になった理由(日本史は米をめぐって作られてきた
  • 400年以上前に、米を96種も品種改良した ほか)
  • 第2章 醤油ができた理由(「日の丸弁当」は超合理的な食品
  • サンマのはらわたは、なぜ貴重なのか ほか)
  • 第3章 蕎麦と日本酒の絆(五節句で健康管理をスケジュール化していた
  • 五節句の飲食物は、すべて薬品 ほか)
  • 第4章 『彼岸花』の味(何でも食べる悪食世界一の日本人
  • 日本の家畜は、すべて渡来種である ほか)
  • 第5章 寿司の『道』(神田の山を崩して丸の内を埋め立てた
  • 日本の料理法は長い経験を必要とする)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 梅干と日本刀
著作者等 樋口 清之
玉屋 カツキ
青木 健生
玉屋 かつき
書名ヨミ ウメボシ ト ニホントウ : コミックバン
書名別名 コミック版
巻冊次 梅干編
出版元 祥伝社
刊行年月 2016.7
ページ数 195p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-396-61569-7
全国書誌番号
22756009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想