教育の経済分析

モーリン・ウッドホール [著] ; 小川啓一 訳・解説

教育政策の立案・遂行に当たり、目標の最大化達成に不可欠な費用便益分析の理論と方法。教育投資の成功を左右する有効・的確な情報を、実証研究の結果を基に、簡潔にわかりやすく提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 費用便益分析の目的
  • 費用の計測
  • 便益の計測
  • 割引現在価値の計測
  • 教育投資の収益率
  • 教育費用便益分析に対する反論
  • 収益率の計算
  • 収益率計算の代替手法
  • 収益率の解釈:比較
  • 教育費用便益分析の実例
  • 政策を導くための費用便益分析
  • 結論:教育計画における費用便益分析の実践的有用性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育の経済分析
著作者等 Woodhall, Maureen
小川 啓一
ウッドホール モーリン
書名ヨミ キョウイク ノ ケイザイ ブンセキ
書名別名 Cost-benefit Analysis in Educational Planning
シリーズ名 ユネスコ国際教育政策叢書 / 黒田一雄, 北村友人 叢書編 12
出版元 東信堂
刊行年月 2016.6
ページ数 98p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7989-1267-7
NCID BB21575522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22765669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想